リオデジャネイロ・パラリンピックで銅メダルに輝いた陸上の男子400メートルリレー(切断などT42―47)チームが11月26日、高知市内で合宿を開始した。リオ後、初のチーム合宿で、選手らは「2020年の東京に向けた再始動の場所にしたい」と意気込んでいる。

  合宿に参加しているのは、多川知希、佐藤圭太、芦田創のメダリスト3人と、新メンバー入りが期待される池田樹生、日根野翔太の5人。合宿は27日までで、春野運動公園や、りょうまスタジアムでトレーニングを重ねる。

...    
<記事全文を読む>