第33回県女子駅伝競走大会(宮城陸上競技協会、河北新報社主催)は23日、大崎市の化女沼古代の里を発着点とする5区間、21.0975キロで争われ、東北福祉大Aが1時間11分37秒で制し、同大勢として2年ぶり3度目の優勝を飾った。

 東北福祉大Aは1区からトップを保ったまま逃げ切った。前年優勝の石巻専大は2分7秒差で2位。東北福祉大Bがさらに6秒差で3位に入った。大学や高校、地元の選抜チームなど昨年より2チーム多い19チームが出場した。◎1区古川抜け出す 【経過】東北福祉大Aは5人中4人が区間賞の走りで快勝した。1区の古川が3キロ付近で先頭集団から抜け出すと、2区以降でさらに差を広げた。

 石...    
<記事全文を読む>