第75回一関・盛岡間駅伝競走大会(日報駅伝)は23日、一関市から盛岡市の国道4号を主なコースに行われ、一般(11区間95・0キロ)は花巻市Aが5時間13分40秒で3年ぶり11度目、高校(6区間49・2キロ)は一関学院が2時間37分1秒で2年ぶり26度目の優勝を果たした。

 21チームで争った一般は序盤から混戦模様。小雪の舞う一関市を出発し、以降は目まぐるしく首位が入れ替わった。低温、向かい風の厳しいコンディションの中、矢巾町の11区への最終中継点では北上市Aがトップ。3位でたすきをつないだ花巻市Aは阿部亮介(花巻市役所)が猛追し、1分12秒差を逆転した。18秒差で北上市Aが2位。一関市が...    
<記事全文を読む>