日本陸連は21日、2020年東京五輪で活躍が期待される「ダイヤモンドアスリート」の16~17年度の認定選手9人を発表した。男子短距離のサニブラウン・ハキーム(東京・城西高)、犬塚渉(順大、浜名高出)ら8人が継続となり、全国高校総体の女子やり投げで優勝した長麻尋(和歌山北高)が新たに加わった。

 東京都内で行われた認定式には東京都の小池百合子知事が出席。各選手に認定証を授与し「陸上界を引っ張って、世界で認められるアスリートになってほしい」と激励した。

...    
<記事全文を読む>