■50メートル走対決、沿道に歓声 今夏のリオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルに輝いたケンブリッジ飛鳥(あすか)選手(23)が20日、佐賀市城内の本丸通りであった「ストリート陸上」に登場した。世界クラスの選手の姿を間近で見たいと、大勢のファンが沿道を埋め、風を切って走る姿に歓声を上げた。

 道路上に3レーンのトラックが仮設され、ケンブリッジ飛鳥選手との50メートル走対決には、佐賀市神野小6年の西田大帥(たいせい)君(12)と西唐津小6年の吉田享介君(11)がチャレンジ。5メートル前からスタートしたものの、ゴール直前でかわされた2人は「最後の追い上げがすごくて、いつの間に...    
<記事全文を読む>