第70回宮城県駅伝競走大会(宮城陸上競技協会、石巻市体育協会、河北新報社主催、共催・石巻市)は20日、石巻市の曽波神バス停付近から市総合運動公園までの北上川周回コース(6区間、48.1キロ)で行われ、明成高が2時間24分59秒で2連覇を果たした。

 東北福祉大は4分6秒差の2位、石巻RC・Aが2時間29分8秒でチーム最高の3位に入った。大会には昨年より1チーム多い41チームが出場した。◎4分以上の大差 【経過】明成高が2位に4分以上の差をつけて圧勝した。3区臼杵が区間賞の走りで東北福祉大をかわして2位から先頭に立つと、以降はアンカー小松が区間1位記録を出すなど後続を引き離した。

 東北福祉...    
<記事全文を読む>