神戸マラソン男子で一般参加の清原和博が堂々の4位に入った。プロ野球で名をはせた強打者と同姓同名の25歳は「招待選手を一人でも多く抜きたかった」と笑顔を見せた。

 テンポ良くリズムを刻んで25キロ地点で9位に浮上。息切れした招待選手を次々にとらえ、40キロで4位に躍り出ると、2時間27分38秒の好タイムでフィニッシュした。「2時間半を切ったのは2度目」と充実感を漂わせた。

 地元の神戸市出身。父が野球好きだった影響で、神戸市立丸山中では投手だったという。「野球はへたくそでしたけど、足は速かった」と、20歳を過ぎて本格的に長距離を始めると、市民マラソンで上位の常連となった。

 現在は神奈川県相模...    
<記事全文を読む>