12月18日に滋賀県野洲市で開かれる全国中学校駅伝大会に向け、昨年4位だった清水町立清水中女子駅伝部のメンバーが、全国優勝を目指して練習に励んでいる。

 県大会で連覇を果たし、全国への切符を手にした。約1カ月前となる16日には集中した様子で、タイム設定を意識した練習を行った。顧問の鈴木雅信教諭(35)は「全国は厳しいと繰り返し伝えてきた。ようやく火が付いてきた」と話し、最終調整に余念がない。

 バスケットボール部などと掛け持ちの選手9人でつくる同駅伝部。メンバーそろって臨む練習を大切にしながら、今年はスポーツ栄養士から食事指導を受けるなど、生活面にも気を配ってきた。

 部長の宮下りのさん(3...    
<記事全文を読む>