12月3日に静岡市で開催される静岡県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に出場する磐田市チームが19日、市役所で結団式を行った。選手を代表し、小学生4人が「市代表の誇りを持ち、最後まで走り抜きます」と力強く宣誓した。

 松本寿夫監督は「一体感を持ち昨年より合計タイムを1分短縮、順位は一つ上げる」と決意を述べた。渡部修市長は「17万人の市民が支えている。苦しい時は家族や仲間の顔を思い出して」と激励。団長の河島直明市体育協会長は「気負わずに自信を持って練習の成果を発揮してほしい」と呼び掛け、染葉司主将に団旗を手渡した。

 選手は次の通り。

 小学生男子 大杉聖(青城6)田中...    
<記事全文を読む>