男子第65回、女子第31回兵庫県中学校駅伝(神戸新聞社後援)は19日、豊岡市日高町の奥神鍋体育館周辺コースで開かれ、男子(6区間19・2キロ)は平野(神戸市)が1時間0分22秒で初優勝を果たした。女子(5区間12・7キロ)は荒井(高砂市)が42分28秒で制し、男子・平野とともに初の全国中学校駅伝(12月18日・滋賀県野洲市)出場を決めた。上位各5校は近畿駅伝(12月4日・和歌山県田辺市)に出場する。

 大会は県内8地区の予選を通過した男女各56校が出場。男子は1分19秒差で小野(小野市)が2位。さらに10秒差で3位に東谷(川西市)が続き、近畿駅伝初出場を決めた。4位は加古川山手(加古川市...    
<記事全文を読む>