舗装されていない自然の道を走るトレイルランニング(トレラン)の人気が高まっている。

 群馬県内ではここ10年で大会が増え、今年は主な6大会で約5000人が上州の山々を駆け抜けた。

 大会ごとに走路の環境やコンセプトが異なり、観光を兼ねた参加者も多く、地域活性化策としても期待が高まっている。

...    
<記事全文を読む>