ヤマザワカップ第33回県女子駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)は20日、上山―山形間でレースを行う。

 11チームが上山市本庄地区公民館前をスタートし、5区間20.5キロでたすきをつなぎ、山形市の山形メディアタワー前のゴールを目指す。19日は5チームが結団式などを行い意気込みを高めた。【見どころ】1、2区にエース級 前回女王の酒田・飽海、準Vの天童・東村山、一昨年優勝の山形、さらに南陽・東置賜や北村山、鶴岡・田川など有力チームの総合力は例年になく接近している。注目は各チームともエース級を配置した1、2区の争いだ。レース前半で流れを手にするのはどこか。予断を許さない激...    
<記事全文を読む>