20日に開催されるヤマザワカップ第33回県女子駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)に出場する酒田・飽海チームの壮行会が17日、酒田市の光ケ丘陸上競技場会議室で行われた。

 酒田・飽海チームは昨年、2年ぶり7度目の優勝を果たした。壮行会には選手と関係者約40人が出席。県駅伝酒田飽海実行委員会会長代理の村上幸太郎酒田市教育長が「大会翌日の新聞には『酒田飽海 見事連覇』の見出しが躍るのではないか」と期待を寄せた。

 大石薫総監督のチーム紹介に続き、住石智也監督が「序盤から流れに乗り、つなげられれば連覇を引き寄せられる」と決意表明。荘司敏博市陸上競技協会長が選手代表の今野まどか...    
<記事全文を読む>