男子3000メートルの日本高校記録を保持する陸上長距離界のホープ、遠藤日向(ひゅうが)=福島・学法石川高=が来春、住友電工(兵庫県伊丹市)に加入する。4年後の東京五輪出場を目指し、大学には進学せず実業団入りを選択した18歳。「五輪への近い道は実業団」と、花形の箱根駅伝を断ち、日の丸に挑む。

 今夏の全国高校総体は1500メートルで優勝し、5000メートルでは日本人1位(全体3位)。秋の国体少年Aでも5000メートルで2連覇を果たし、国内の同世代では無敵の強さを誇る。一方、7月のU20(20歳未満)世界選手権5000メートルは13位。「何一つ勝てなかった」と、世界レベルに刺激を受けて向上心...    
<記事全文を読む>