20日に迫った「第6回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)で、フルマラソン(42・195キロ)に参加する海外在住ランナーが過去最多となる見込みだ。マラソン実行委員会事務局は英語、中国語、韓国語ができる「語学対応ボランティア」を増員して臨む。(上田勇紀) 同事務局によると、海外からの申込者数は、算出を始めた第2回大会307人(出走者89人)▽第3回421人(同261人)▽第4回695人(同275人)▽第5回899人(同515人)-と、年々増加。第6回では1482人と、初めて千人を超えた。

 例年申込者数と比べ、当日の出走者数は大幅に減るが、同事務局は「過去最多となるのは確実」とみている。

 ...    
<記事全文を読む>