「おかやまマラソン2016」は13日に岡山市内で行われ、1万5000人を超すランナーと沿道の16万8000人が一体となり、第1回以上の盛り上がりを見せた。おかやまと同じく昨年始まったのが、金沢市で10月23日にあった金沢マラソン。後楽園、兼六園という日本三名園をコース上に設定するなど共通点も多い。両大会の「走り比べ」をし、それぞれの魅力を探った。

 スタート直後は目抜き通りをパレードのようにゆっくり進み、田園風景の中を折り返し。終盤は再び市街地を抜け、陸上競技場で“アスリート気分”を味わいながら感動のゴール―。二つの大会を実際に走ってみると、コース設定が驚くほど似ていた。庭園や城が望める...    
<記事全文を読む>