陸上の世界選手権(来年8月・ロンドン)の女子マラソン日本代表選考会を兼ねた、さいたま国際マラソンは13日、さいたまスーパーアリーナ発着で行われ、36歳の那須川瑞穂(ユニバーサルエンターテインメント、花巻南高)が2時間33分16秒で日本人最高の5位だった。日本陸連の派遣設定記録、2時間22分30秒には届かなかった。

 チェイエチ・ダニエル(ケニア)が2時間23分18秒で優勝した。ことしの北海道で優勝し、既に代表選考対象となっている吉田香織(TEAM R×L)は2時間38分37秒で9位に終わった。小田切亜希(天満屋)は11位だった。(スタート時晴れ、気温12・4度、湿度58%、北北西の風0・...    
<記事全文を読む>