岡山県内外のランナーが岡山市を駆け抜ける「おかやまマラソン2016」(実行委、岡山陸上競技協会主催)は13日午前8時45分、約1万5千人がジップアリーナ岡山(同市北区いずみ町)前を一斉にスタートした。

 中心市街地を抜け、市南部の田園地帯で折り返す日本陸連公認コース。参加者は色とりどりのウエアやユニークな扮装(ふんそう)に身を包み、自己ベスト更新や完走を目指して元気に駆け出した。

 沿道には応援の市民が多数繰り出し、約4700人のボランティアも給水所などで力走を後押し。選手たちは声援に笑顔で応えるなどしながら、次々にシティライトスタジアムでゴールテープを切った。4・5キロのファンランも行わ...    
<記事全文を読む>