中国実業団駅伝は13日、広島県世羅町のせら文化センターを発着点とする7区間80・8キロのコースである。10チームがエントリーし、上位4チームが元日の全日本実業団駅伝(群馬県)の出場権を得る。昨年、43年ぶりに頂点に立ったマツダと、雪辱を期す中国電力が激しい優勝争いを繰り広げそうだ。

...    
<記事全文を読む>