全国中学校駅伝大会が12月18日、滋賀県で行われる。秋田県から男子(6区間18キロ)は大曲が初挑戦、女子(5区間12キロ)は鷹巣が4年連続10度目の出場となる。大曲は一層のスタミナ強化を図り、昨年の全国大会8位の鷹巣は豊富な経験を武器に、共に10位以内を目指す。

 大曲のメンバーは2、3年生の計9人。このうち6人は総体を終え引退した元野球部員と元サッカー部員。夏休みに入ってから本格的な練習を始め、学校のグラウンドや学校近くの土手などを使って走り込み、持久力の向上を図ってきた。

 県大会では、1区小松大起(3年)が高橋宏徳監督の予想を上回るハイペースで走り切り、先頭と4秒差の3位でたすきを渡...    
<記事全文を読む>