【南城】第15回尚巴志ハーフマラソンin南城市大会(同大会実行委員会、同市主催)が6日、市佐敷の市文化センター・シュガーホールを主な発着点に開催された。ハーフマラソン、3キロの2部門に計8408人が出走し、7381人が完走した。完走率は87・8%だった。

 ハーフのコースでは出走者は秋風に吹かれながら、序盤の難所で高低差約150メートルの新里坂や絶景が見渡せるニライ橋・カナイ橋など、南城ならではの景観と自然豊かなコースを駆け抜けた。

 ハーフ男子の部は仲間孝大さん(28)=那覇市=が1時間14分5秒で3年連続の1位を勝ち取った。「故障からの回復後初めての大会だったのでうれしい」と語った。

 ...    
<記事全文を読む>