東北中学校駅伝競走大会は5日、宮城県利府町のひとめぼれスタジアム宮城を発着とする宮城県総合運動公園内コースで行われた。女子(5区間13キロ)は上山南が44分39秒の大会新記録で、男子(6区間18.8キロ)は山形一が58分35秒でともに初優勝を果たし、県勢がアベックで栄冠をつかんだ。

 女子の上山南は1区の叶内菜々美、3区の高橋桃葉、4区の鈴木ひろかが区間新の走り。2位で受けた5区のアンカー石山心菜が区間1位の走りで逆転し頂点に立った。山形十が6位、酒田四が9位だった。男子の山形一は8位の滑り出しから徐々に順位を上げ、5区の清野温留と6区のアンカー石川景次郎がともに区間新をマーク。石川が2...    
<記事全文を読む>