下関海響マラソン2016で、日本モーターボート選手会山口支部の5選手がフルマラソンに挑戦する。昨年も参加した片岡恵里選手(36)、原田篤志選手(37)、広次修選手(33)に加え、上村慎太郎選手(28)、小林孝弘選手(35)が42.195キロを駆け抜ける。片岡選手は昨年、フルマラソン初挑戦ながら4時間16分で完走。「もっと走れると思っていた」と大会後は山を登るなどして脚を鍛えるトレーニングを追加した。「ハイタッチなどでたくさんの人と触れ合って、楽しく速く走れたら」と意気込む。選手らが着るTシャツは原田選手のアイデアを基に、赤色と紺色の2種類を作った。前側には「WE LOVE BOAT R...    
<記事全文を読む>