バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは27日、ホームの松江市総合体育館で第18戦を行い、西地区5位の香川ファイブアローズを78-65で下し、連勝を「4」に伸ばして通算13勝5敗とした。同地区3位で変わらず、首位熊本ヴォルターズを3ゲーム差、2位広島ドラゴンフライズを1ゲーム差で追う。

 島根は安定した守備でペースをつかみ、相手に一度もリードを許さなかった。前半はややシュート精度が低かったが、後半は攻守がかみ合った。

 第19、20戦は12月2、3日、鹿児島県霧島市国分体育館で西地区最下位の鹿児島レブナイズと対戦する。

 ◇第18戦(27日・松江市総合体育館、1208人...    
<記事全文を読む>