バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は27日、盛岡市の県営体育館などで行われ、東地区の岩手ビッグブルズは山形に62-60で勝ち、連敗を3で止め3勝目(15敗)を挙げた。

 岩手は攻守に粘り強さを見せて前半を31-34で折り返し、第3クオーターに逆転。激しい競り合いとなったが2点差で山形を振り切った。

 中地区首位のFE名古屋は奈良を95-79で下して15勝3敗。東地区首位の群馬は茨城を77-68で破り、14勝4敗となった。西地区2位の広島は鹿児島に87-58で快勝し、14勝4敗。16勝2敗で同地区首位の熊本は試合がなかった。

 岩手は来月3、4の両日、群馬県高崎市の浜川体育館で群馬と...    
<記事全文を読む>