バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は27日、富山市総合体育館で川崎ブレイブサンダース(同地区首位)に67-87で力負けした。3連敗で、通算成績は2勝17敗。

 富山は第1クオーターから攻守でリズムに乗れず、11点差をつけられた。第2クオーターではガルシアや山崎らの8得点が精いっぱいで、リバウンド争いでも競り負け、前半を20-41で終えた。

 後半は、山崎のほか城宝や水戸らのスピードを生かしたプレーで巻き返しを狙ったが、相手のインサイドを中心とした攻撃に苦戦。ファウルの判定からフリースローを与えるなど主導権を握れなかった。■攻守とも積極性欠く 前日に首位を苦し...    
<記事全文を読む>