プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区4位=8勝9敗)は26日、愛知県のウィングアリーナ刈谷でシーホース三河(同1位=13勝4敗)と今季第18戦を行い、88―100で敗れて3連敗を喫した。

 キングスは試合の開始直後からシュートが決まらず、連続で失点して第1クオーター(Q)から大量リードを奪われた。第2Qに山内盛久の得点などで詰め寄ったが、三河の勢いは止まらず前半で44―57と大きく出遅れた。第3Qの開始直後に岸本隆一とアンソニー・マクヘンリーの連続得点で8点差まで詰めたが、攻撃の手を緩めない三河に一気に引き離され、100点を献上して敗れた。

 三河との第2戦は2...    
<記事全文を読む>