バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は26日、富山市総合体育館で川崎ブレイブサンダース(同地区首位)に69-73で惜敗した。通算成績は2勝16敗。

  富山は第1クオーターから堅い守備が光った。バロンが、1試合平均得点でリーグ1位のファジーカスに張り付き動きを封じた。攻撃面では城宝の3点シュートや岡田の2点シュートが決まり、前半で36-30の6点差を付けた。

 第3クオーターでは最大11点のリードを奪ったものの、相手にファウルからのフリースローを決められるなど点差を縮められた。1点を争う展開となった第4クオーターでは、ファジーカスや日本代表の辻に要所で得点を許...    
<記事全文を読む>