バスケットボールの第68回全日本大学選手権大会(インカレ)第6日は26日、東京都の代々木第二体育館で女子の決勝、男子の準決勝を行った。女子は昨年、一昨年と準優勝に終わっていた本県の白鴎大は73-62で東京医療保健大を破り、悲願の初優勝を飾った。

 白鴎大は第1クオーター、上原(うえはら)もなみ主将らのシュートなどで20-16と幸先よくリード奪った。しかし一進一退の攻防は続き、前半は33-35と逆転されて折り返した。

 第3クオーターに入り、白鴎大は林咲希(はやしさき)の3点シュートなどで逆転に成功するとそこから加速。第4クオーターは序盤に連続得点しリードを一気に広ると、そのまま相手を振り切...    
<記事全文を読む>