プロバスケットボールBリーグ滋賀レイクスターズの坂井信介代表は二十四日、選手らと大津市役所を訪れ、大津市を球団の本拠地にしたい意向を越直美市長に打診した。

 リーグ規約では、各球団は自治体の協力を得て「ホームタウン」を定める必要があるが、同球団は1部リーグにあたるB1で唯一、未定の状態。現在は同市にあるウカルちゃんアリーナをホームアリーナとして使用し、同市浜大津への新アリーナ建設構想もあることから、同市が本拠地に適当と判断した。

 坂井代表は「地元の公共財のような存在になって、大津市とともに発展していきたい」と話し、市にホームタウンとしての協力を要請。越市長は、ホームタウンの役割などを検討...    
<記事全文を読む>