バスケットボール男子のBリーグは23日、栃木県の鹿沼総合体育館などで行われ、東地区では千葉が首位の栃木に78-69で勝ち、5連勝で10勝7敗とした。栃木は14勝3敗。千葉は3点リードの第3クオーターにパーカーの活躍などでリードを広げた。栃木は竹内がシュートの精度を欠いた。

 A東京は仙台に100-70で快勝し、栃木と勝率で並んだ。北海道は秋田に75-70で競り勝ち、5勝12敗とした。秋田は3勝14敗。西地区の滋賀は名古屋Dを81-74で破り、4勝目(13敗)を挙げた。中地区首位の川崎はSR渋谷を87-71で下し、14勝3敗とした。SR渋谷は9勝8敗。

...    
<記事全文を読む>