プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区4位=8勝8敗)は23日、沖縄市体育館で京都ハンナリーズ(同5位=6勝10敗)と今季第17戦を行い、54―69の大差で惨敗した。キングスは第1クオーター(Q)から簡単なシュートを決められず、わずか9点しか奪えない苦しい立ち上がりになった。インサイドを切り崩す京都の外国籍選手に苦しみ、前半で27―37とリードされた。第3Qはホームデビュー戦となった新加入のレイショーン・テリーが積極的にリングを攻めて点差を詰めた。しかし要所でミスを犯し、リードを20点以上まで広げられて白星が遠のいた。キングスは26、27の両日、愛知県のウィン...    
<記事全文を読む>