Bリーグ1部は23日、8試合を行い、レバンガ北海道はCNAアリーナ★あきたで秋田と対戦し、延長の末、75―70で勝って連敗を4で止めた。桜井がチームトップの18得点、8アシストを記録するなど、攻守に活躍。第4クオーター終了間際に同点とされて延長に突入したが、68―70から、ミラーと折茂の連続7得点で突き放した。レバンガは次戦、27日にゆうばり文化スポーツセンターで、28日は北海きたえーるで、千葉と対戦する。

...    
<記事全文を読む>