バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は23日、愛知県の豊橋市総合体育館で三遠ネオフェニックス(同地区2位)に68-84で敗れ、連勝を逃した。通算成績は2勝15敗。

 富山は第1クオーター、相手のNBA経験者で新加入のチルドレスを止められず失点を重ねた。第2クオーターでは水戸や山崎が得点し、34-39で5点差で折り返した。

 後半は相手の日本代表選手の太田を中心とした攻撃に苦しんだ。徐々に点差を付けられると、第4クオーターでは2メートル以上の選手を3人そろえた相手を攻め切れなかった。山崎の3点シュートやウィラードのシュートが決まったものの追い付けなかった。

 中地...    
<記事全文を読む>