栃木との2連戦はほとんどいいところがなかった。2戦目の第3クオーターにわずかに仙台の理想の形が出たが持続できなかった。

 第3クオーター、いい守備から全員攻撃につなげられた場面があった。まず、ゾーンディフェンスで坂本がゴール下で体を張った。周りの選手も中に近寄る動きを見せて栃木の攻撃をけん制し、難しいシュートを打たせた。シュートは外れ、リバウンドを奪うと、片岡や坂本らがすぐに前線に走った。戻りの遅い栃木をよそに、片岡が完全にフリーで3点シュートを決めた。

 重要だったのは坂本の動き。自陣のゴール下から栃木のロシター、竹内の2人を追い抜き駆け上がったことで、栃木の残りの守備を引き付けることが...    
<記事全文を読む>