B1東地区首位の栃木ブレックスは23日午後2時から、鹿沼総合体育館で同3位の千葉と対戦する。難敵撃破で次戦から始まる交流戦へ勢いをつけたい。

 6連勝中のブレックスの通算成績は14勝2敗。エースシューター古川孝敏(ふるかわたかとし)をけがで欠く中、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)、須田侑太郎(すだゆうたろう)がその穴を埋めて勝ち星を積み重ねている。

 千葉も現在4連勝中と波に乗る。40%近い高確率で3点シュートを成功させている選手が複数おり「チームシュート数の4割が3点シュート」(トーマス・ウィスマン監督)。PG富樫勇樹(とがしゆうき)を中心にアウトサイドに強みを持つのが特徴だ。

 中でもけがか...    
<記事全文を読む>