バスケットボール男子B1秋田を運営する「秋田プロバスケットボールクラブ」(秋田市)は、26日に秋田市のCNAアリーナ★あきたで行われる仙台戦で、ホーム戦を初観戦する観客を対象に、試合の満足度に応じてチケット価格を決め、後払いできる企画を実施する。バスケのプロリーグでは初の試み。目標の1試合平均観客人数4000人の達成に向け、新たなファンの獲得を目指す。

 希望者は試合開始前、会場正面入り口の特設ブースで初観戦かどうかを自己申告。専用リストバンドを身に着け、2階自由席で観戦する。

 今季、秋田の1試合平均の観客数は3401人でB1の18チーム中6位。多くはリピーターで、若者の少なさが課題だっ...    
<記事全文を読む>