バスケットボールの第18回Wリーグ徳島大会(バスケットボール女子日本リーグ機構主催、徳島新聞社共催)最終日は20日、徳島市立体育館で行われ、1次ラウンド首位のJX-ENEOSサンフラワーズが81-56でトヨタ紡織サンシャインラビッツに快勝した。JXは無傷の14連勝で単独首位を守り、トヨタ紡織は7位で変わらなかった。試合にはJXに所属している徳島市出身の西山詩乃(八万アウルズ-大阪・樟蔭東中-桜花学園高出)が途中出場し、約1500人の地元ファンを沸かせた。

...    
<記事全文を読む>