撮影するので得意のスリーポイントシュートを見せて-。練習後のそんなお願いにも、笑顔で応じる。ぐっと踏み込んで、ジャンプ。放たれたボールは、きれいな放物線を描いてネットに吸い込まれた。

 「シュートの軌道、入る瞬間、観客の盛り上がりが好きで」 九月に開幕した男子プロバスケットボールのBリーグ。このシュートを最大の武器に、川崎ブレイブサンダースのエース、そして日本代表として活躍する。

 四つ上の兄の影響で、小学五年で本格的に競技を始めた。地元にチームがなく、父親が友だちを集めてつくってくれた。「家から学校までドリブルしたり、純粋に楽しかった」 バスケ少年は順調に階段を駆け上がる。高校、大学で日...    
<記事全文を読む>