仙台の片岡が今季最多の20得点と意地を見せた。「チームを助けるのが僕の役目。試合の入りからどんどん攻めようと思っていた」と振り返った。切れのあるドライブから得点を量産した。特に第3クオーターは10得点と、劣勢の中で見せ場をつくった。

 2桁得点はこれで6試合連続。それでも、チームの大敗に「誰が何点取ったと言うのではなく、勝ちにつながる貢献がしたい」と悔しがった。

...    
<記事全文を読む>