バスケットボール男子のBリーグは19日、船橋市総合体育館などで行われ、東地区の千葉は秋田を82-71で破り今季初の3連勝。

 千葉は第2クオーターに上江田の連続シュートなどで逆転。富樫、ストーンが中心となり相手の攻撃の芽を摘み、終了間際に小野の鮮やかな3点シュートで突き放した。◆攻守で粘り勝つ 千葉が攻守に粘りをみせ、今季初の3連勝を手にした。第3Qには1点差にまで迫られたが、富樫と3試合ぶりに復帰したアームストロングが自陣ゴール下で粘りのプレーをみせ相手ファールを誘い得たフリースローを着実に決めた。

 守備でもストーン、小野らが体を張って執拗(しつよう)に相手の攻撃をかわし続けた。

 リー...    
<記事全文を読む>