男子バスケットボールのBリーグ2部(B2)第8節第2日は19日、各地で9試合を行った。西地区2位の熊本ヴォルターズは、高松市総合体育館で同5位香川ファイブアローズを79-64で下した。連勝を10に伸ばし、通算13勝2敗。勝敗数で並んで1位だった広島が3位島根に51-74で敗れたため、熊本が単独首位に立った。

 熊本は前節の先発メンバーからジョエル・ジェームスと、レジナルド・ウォーレンを入れ替えた。第1、第2クオーターは、互いに主導権を握れず、ロースコアの展開。熊本が37-35で折り返した。

 第3クオーターは、ウォーレンや中西良太のゴール近くでの得点でリズムをつかみ、守備でも5分近く相手を...    
<記事全文を読む>