プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区4位=7勝7敗)は19日、愛知県体育館で名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(同2位=9勝5敗)と今季第15戦を行い、74―66で勝利し、連敗を3で止めた。第1クオーター(Q)は両チームともに点が伸びずロースコアの展開になった。第2Q、キングスは新たに加わったフォワードのレイショーン・テリーが攻守で力を発揮して、43―25で前半を終えた。第3Qから名古屋Dが猛攻を仕掛け、第4Q序盤には一時3点差まで詰め寄られた。それでも岸本隆一の3点弾などで得点を重ね逃げ切った。名古屋Dとの第2戦は20日午後2時から同体育館で行われる。(観客4...    
<記事全文を読む>