仙台は外国人が1人少ないとはいえ、またも手も足も出なかった。接戦を演じることができたのは第1クオーターまで。時間がたつにつれて力の差が表れ、前半で試合を決められたのは前回対戦と同じだった。

 栃木のセンター、ロシターに好き放題に攻められた。1対1のポストプレーを止められない上、素早いパス回しや味方選手を壁にした動きで巧みにマークを外された。昨季NBLアシスト王のブレントンの鋭いパスも手伝い、瞬く間にゴール下の守りが崩れた。

 18-21の第2クオーター約2分半からの約3分間、仙台が2得点にとどまる間に、ロシターだけに10失点し引き離された。ロシターには前半だけで21得点を許した。

 仙台はジ...    
<記事全文を読む>