静岡県バスケットボール協会の一般社団法人移行手続きや基金の扱いを巡り川村修会長と事務局が対立している問題で、川村会長側は19日、静岡市葵区で記者会見を開き、1990年代に同市で開催した女子バスケット五輪アジア予選の大会経費について「一部役員らが県や市の補助金を原資にした余剰金約8800万円を裏金として蓄え、国債や地方債の購入などに流用していた」とする調査結果を公表した。

 会長側の説明によると、五輪アジア予選は1995年と99年に開かれ、一部役員が余剰金約8800万円を定期預金として静岡市内の金融機関3カ所に分散して入金し、その後、2002年に静岡県債、埼玉県債(計1995万円)を購入、...    
<記事全文を読む>