プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区4位=7勝7敗)は19日、愛知県体育館で名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(同2位=9勝5敗)と今季第15戦を行い、74―66で勝利、連敗を3で止めた。キングスは前半、新加入のレイショーン・テリーが攻守で活躍してリードを奪い、後半も逃げ切った。名古屋との第2戦は20日午後2時から同体育館で行われる。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>