バスケットボール男子Bリーグ1部で13連敗中の富山グラウジーズ(中地区最下位)は19、20の両日、横浜国際プールで横浜ビー・コルセアーズ(同地区5位)と対戦する。日本代表の海外遠征の影響で、公式戦は2週間ぶり。富山の選手たちは実戦形式の練習メニューを増やし、試合感覚を磨いて横浜戦に臨む。

 前回対戦時は、元日本代表の川村らに外側からのシュートを決められ、日本国籍取得選手への対応にも手こずって2連敗している。

 富山の選手たちは、16日に富山市体育文化センターでオールコートでの練習を繰り返して行った。ボブ・ナッシュヘッドコーチは「ボールを持っていない選手への対応が甘くなり、オープンな状態から...    
<記事全文を読む>