バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は19、20の両日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で栃木(東地区1位)と戦う。17日は仙台市のHALEOドームで約2時間、練習した。

 3連敗中で6勝8敗。10月のアウェー栃木戦は、2戦とも大敗。1戦目は56-108で、リーグ最大の52点差をつけられた。

 練習では、攻撃で相手守備の裏に走り込むタイミングを確認。実戦メニューで、熊谷が積極的にジャンプシュートを放ち、片岡はゴール下に素早く走ってパスを受ける動きを見せていた。

 栃木は元NBA選手のポイントガード田臥(秋田・能代工高出)を中心に、ガード遠藤ら日本代表を多数そろえる。NBLレギュラーシーズン2...    
<記事全文を読む>