バスケットボールの中国総合選手権は12、13日、島根県出雲市の県立浜山公園体育館であり、岡山勢は男子のナカシマ、女子の就実高がそろって優勝を飾った。両チームは、来年1月に東京である全日本総合選手権に出場する。

 【男子】1回戦 広島大82―64HOKURYO―CLUB(島根)▽準決勝 ナカシマ(岡山)78―63広島大、徳山大(山口)92―68T・W・B(鳥取) ▽決勝 ナカシマ68―55徳山大 【女子】1回戦 広島大106―51米子ク(鳥取)▽準決勝 日立笠戸(山口)63―51広島大、就実高(岡山)100―63クリスタルBBC(島根) ▽決勝 就実高85―62日立笠戸
<記事全文を読む>