滋賀銀行女子バスケットボール部が5、6日に岡山県で開かれた全日本社会人選手権で初の準優勝に輝いた。同銀行の関連会社で働きながらプレーする12人の選手たちは、来年1月に始まる「皇后杯全日本総合選手権」への出場権も初めて獲得し、「勢いを持続しながら、まずは初戦突破を狙う」と意気込む。

 9月の全日本実業団競技大会を3位で突破し、全日本社会人選手権に出場した。初戦でクラブチームに快勝すると、準決勝で実業団2位の強豪でライバルの紀陽銀行(和歌山)を73-64で破った。決勝は実業団1位の鶴屋百貨店(熊本)に70-81で屈したが、運動量とスピードを生かし、全員で攻守に奮闘するスタイルで好成績を収めた...    
<記事全文を読む>